岩盤浴マット

岩盤浴マット

岩盤浴マット

このページは「禅宗の教えについて 」の情報コンテンツです。

岩盤浴は岩盤の上にバスタオルを敷いて横になり遠赤外線でじっくりと温める入浴法のことです。作務衣を着て温泉や入浴施設で楽しめるサウナのようなものですね。 温熱効果で心地よくリラックスさせてくれます。そして温まった体をよりリフレッシュさせるためにこういったマッサージ機が大活躍するんですよね♪ 温熱マットに興味のある方はぜひ、極上のひと時を与えてくれるマッサージチェアも活用すると良いでしょう。

岩盤浴マット > 禅宗の教えについて

豆知識

作務衣を生みだした禅宗の教えについて

作務衣はもともと禅宗、曹洞宗の永平寺で使われたのが最初ではないか、といわれています。ここでは作務衣を生んだ禅宗についてご紹介しましょう。

禅宗について

禅宗は選挙などでよく見る達磨が開祖です。禅という言葉は大変人気ですね。禅の教えとしては、悟りを開くためには、教典のように文字や言葉から学ぶのではなく、自身の体験によってのみ得られるという考え方が根底にあります。そのため、座禅による修行を重視しています。日本での禅宗は、臨済宗、曹洞宗、黄檗宗の三派が広まっています。

栄西が開いた臨済宗

栄西は比叡山で天台密教を学んだのちに宋に留学します。一旦帰国したのち禅の研究に没頭して、38歳で再び宋に渡ります。5年間にわたって禅修行に励み、中国臨済宗の奥義を授かって帰国。日本臨済宗を開きます。栄西は釈迦の悟りへの道を追体験できる座禅によって、生まれつき持っている仏性を目覚めさせれば、人生は豊かになると説きました。栄西は禅宗だけでなく、お茶をはじめて日本に持ち帰った人物としても知られています。

道元が開いた曹洞宗

道元は天台宗を学んだのちに、栄西の弟子に師事し、禅宗に傾倒します。24歳の時に宋に渡り、曹洞宗の禅師より教えを授かります。帰国後の道元は座禅こそ安楽の仏門であると説き、禅修行に打ち込みました。道元は、座禅とは悟りを開くための修行ではなく、何かの目的で行うものではなく、ただ座る姿が仏だと信じるべきだ、という即心是仏の教えを広めました。

隠元が開いた黄檗宗

隠元は中国の人です。中国ではすでに禅宗の重鎮でしたが、日本の僧侶たちに来日を懇願され、日本に渡ります。日本に渡ったときはすでに60歳を超えていました。隠元は、人は本来、心の中に仏心を持っており、座禅と朝夕の念仏を行うことで、それを再発見し、浄土を見出すことができる、と説きました。ちなみに、隠元はインゲン豆を日本にもたらした人物としても知られています。

岩盤浴マット 激安通販