岩盤浴マット

岩盤浴マット

岩盤浴マット

このページは「作務衣の着付け方法 」の情報コンテンツです。

岩盤浴は岩盤の上にバスタオルを敷いて横になり遠赤外線でじっくりと温める入浴法のことです。作務衣を着て温泉や入浴施設で楽しめるサウナのようなものですね。 温熱効果で心地よくリラックスさせてくれます。そして温まった体をよりリフレッシュさせるためにこういったマッサージ機が大活躍するんですよね♪ 温熱マットに興味のある方はぜひ、極上のひと時を与えてくれるマッサージチェアも活用すると良いでしょう。

岩盤浴マット > 作務衣の着付け方法

豆知識

作務衣の着付け方法

作務衣を着る方が増えてきて、その着こなし方もかなり自由になっています。作務衣の着方、着こなし方をご紹介します。

基本的な作務衣の着方

わざわざ説明するまでもないかもしれませんが、基本的な作務衣の着方についてご紹介しましょう。作務衣を着るときは肌着を使います。作務衣専用のものもありますが、Tシャツや普通の肌着で構いません。肌に直に作務衣を着用すると汗を吸収してしまうので、あまりおすすめできません。ズボンは腰の部分と裾の部分が紐で縛れるようになっています。ゴム紐を通したものもあります。

上着ですが、紐が合計4箇所ついています。内側と外側の2箇所で結んでください。右前に来る襟のラインが襟元から腰の部分までまっすぐになっているときれいに見えます。

右前について

洋服の場合、男性と女性でボタンをはめるときの合わせ方が違います。男性が右前、女性が左前です。これは自分から見るのではなく、向かって見た方向になります。洋服は男女で異なりますが、和服は男女ともに右前になります。作務衣のように紐がついているものは、間違えないと思いますが、和服を着るときの基本なので覚えておくといいでしょう。

作務衣の着こなし

作務衣の着こなしの工夫としては、まず足下をどうするかですが、基本は雪駄です。素足で履いても問題ありませんし、足袋をはけばより上品になります。雪駄以外では下駄もよく似合います。歩くたびにカランコロンと音がし、風情があります。作務衣は和服ですから和の履き物が似合いますが、もっとカジュアルにスニーカーでも全然違和感がありません。動きやすいのでおすすめです。

中に着るものですが、本来のスタイルとして、作務衣用の肌着があります。しかし、Tシャツでも合いますので、作務衣用にこだわる必要はありません。冬の寒い時期はタートルネックを中に着るのも作務衣とよく合いますよ。襟からのぞくおしゃれを楽しみましょう。

岩盤浴マット 激安通販