岩盤浴マット

岩盤浴マット

岩盤浴マット

このページは「男性の着物の種類と特徴 」の情報コンテンツです。

岩盤浴は岩盤の上にバスタオルを敷いて横になり遠赤外線でじっくりと温める入浴法のことです。作務衣を着て温泉や入浴施設で楽しめるサウナのようなものですね。 温熱効果で心地よくリラックスさせてくれます。そして温まった体をよりリフレッシュさせるためにこういったマッサージ機が大活躍するんですよね♪ 温熱マットに興味のある方はぜひ、極上のひと時を与えてくれるマッサージチェアも活用すると良いでしょう。

岩盤浴マット > 男性の着物の種類と特徴

豆知識

着物をかっこよく着こなそう

男性の着物姿はとてもかっこよく頼もしく見えます。作務衣以外にも着物の種類がいくつかありますので、ご紹介します。

長着

長着(ながぎ)は、足首まで裾がある丈の長い着物で、本来着物と言えば長着のこと指していました。女性の場合は身丈の余りを腰のあたりでたくし上げて着ますが、男性の場合は、そのようなことをせず、肩から裾までまっすぐの着こなしになります。丈が余った場合は裾を内側にまくって縫い付けます。

羽織

羽織は長着の上に防寒のために羽織るものです。紋付羽織といって背中、両袖の裏、両胸の5つに家紋を入れた紋付羽織がもっとも格の高い正装になります。一般的に羽織と言えば、中羽織のことで、丈が少し短くなっています。羽織の裏地に装飾を施すのがおしゃれで、羽織の裏地には様々な絵模様が描かれています。

剣道や弓道をしていた方は袴を履かれたことがあるかもしれませんが、一般的には袴を履く機会は成人式や披露宴くらいでしょうか。正装が必要な場で使われます。袴姿の男性はとてもかっこよく、あこがれますね。

丹前

丹前(たんぜん)は褞袍(どてら)とも呼ばれます。長着の一種で綿が厚く入った寒い時期に着る着物です。旅館などでは、浴衣の上に着るものとして、よく見かけます。結構暖かいので一枚持っていると着る機会の多い着物です。

浴衣

浴衣は私たちにとってもっともなじみのある着物ではないでしょうか。もともとは風呂上がりに身につけていたものですが、現在ではお祭りや花火大会などよく着られていて、外出するときの着物としも利用されるようになりました。模様も華やかで種類も豊富です。部屋着であったはずの浴衣ですが、いまやお相撲さんの正装になっています。

岩盤浴マット 激安通販