岩盤浴マット

岩盤浴マット

岩盤浴マット

このページは「女性用の着物の種類 」の情報コンテンツです。

岩盤浴は岩盤の上にバスタオルを敷いて横になり遠赤外線でじっくりと温める入浴法のことです。作務衣を着て温泉や入浴施設で楽しめるサウナのようなものですね。 温熱効果で心地よくリラックスさせてくれます。そして温まった体をよりリフレッシュさせるためにこういったマッサージ機が大活躍するんですよね♪ 温熱マットに興味のある方はぜひ、極上のひと時を与えてくれるマッサージチェアも活用すると良いでしょう。

岩盤浴マット > 女性用の着物の種類

豆知識

女性用の着物の種類

女性用の着物にはそれぞれ格があります。TPOに応じて使い分ける必要があります。着物種類についてご紹介します。

留袖

留袖(とめそで)は、既婚女性の正装です。黒地のものを黒留袖、その他の色のものを色留袖といいます。この名は振袖の長い袖をつめて短くしたことに由来しています。裾あたりの下半身にのみ模様が入っており、背中、両袖のうしろと胸元に二つずつ、合計5つの家紋が入ったものが正式なものです。もともとは既婚女性が着るものですが、比較的高齢の未婚のにとっては、振袖は派手ですので、年齢相応の落ち着きをだせる留袖を正装として利用することもあります。

振袖

未婚の女性が身につける正装です。袖の袂がすごく長いのが特徴ですね。装飾も友禅染や刺繍といった技法が使われ、全体に模様が施され、大変鮮やかです。成人式や披露宴で振袖を着用した女性はすごく晴れやかですよね。振袖は未婚女性が着るもので、一般的には既婚女性は身につけない方がよいとされています。

訪問着

訪問着はあらゆる場所で着用することができます。歴史は浅く、明治時代に西洋のビジディング・ドレスにあたる着物として考え出されたようです。未婚・既婚を問わず着ることができます。紋をつければ、正装としても利用できます。紋をつけるとかしこまりすぎるので、紋をつけずにいろいろな場所で利用するのもいいでしょう。お見合いやクラス会、お茶会など様々な社交場でご利用できます。柄も華やかなものが多く、選ぶのが楽しくなります。

付け下げ

付け下げは訪問着をよりも格の低いものですが、準礼装として利用されます。未婚・既婚を問わず利用できます。訪問着と大変似ていますが、訪問着には裁ち目にも柄がきれいに描かれていますが、付け下げは裁ち目に柄が渡らないように作られており、重たい印象がなく、それほど改まった場所でなくても普段使いに利用できます。

岩盤浴マット 激安通販