岩盤浴マット

岩盤浴マット

岩盤浴マット

このページは「温泉や宿泊ホテルでも好まれる作務衣とは 」の情報コンテンツです。

岩盤浴は岩盤の上にバスタオルを敷いて横になり遠赤外線でじっくりと温める入浴法のことです。作務衣を着て温泉や入浴施設で楽しめるサウナのようなものですね。 温熱効果で心地よくリラックスさせてくれます。そして温まった体をよりリフレッシュさせるためにこういったマッサージ機が大活躍するんですよね♪ 温熱マットに興味のある方はぜひ、極上のひと時を与えてくれるマッサージチェアも活用すると良いでしょう。

岩盤浴マット > 温泉や宿泊ホテルでも好まれる作務衣とは

豆知識

温泉や宿泊ホテルでも好まれる作務衣とは

道端で和服を着ている人に出会うと思わず振り返ってしまいます。やはり日本人には着物が合います。でもいざ着物を着ようと思ってもなかなか敷居が高いですよね。でも作務衣だったら、気軽に着られるのではないでしょうか。動きやすいので、部屋着としても重宝しますし、自転車でのお出かけにも問題なく利用できます。

作務衣とは

作務衣(さむえ)は、禅宗の僧侶が作業をするときの作業着です。日々の作業のことを作務といい、ここから名前がきています。お坊さんが掃除や畑仕事をするときに使いますのでとても動きやすい着物です。和服に興味はあるけど敷居が高そう、和服は窮屈そう、と思っている方はまずは作務衣から入るのがいいと思います。和服の良さが感じられます。

作務衣の形

上着の形は甚平や法被と同じように羽織って着るタイプです。作務衣の特徴としては、袖口をゴムや紐で縛ってあります。基本的に作業着なので、より動きやすいつくりになっています。袖は七分のものから長袖のものまであります。ズボンは長ズボンで、裾の部分もやはり作業がしやすいようにゴムや紐で縛っています。お寺の掃除をテレビで見たことがあると思いますが、かなり重労働です。激しく動いても大丈夫なよう丈夫で、動きやすいつくりです。

作務衣と甚平の違い

作務衣と似たような和服に甚平があります。甚平は袖が七分程度で短く、ズボンも作務衣と違い半ズボンです。もともと甚平は庶民が着ていたもので、夏用の着物なので、涼しいつくりになっています。作務衣はオールシーズン使用します。また、作務衣は男性、女性関係なく利用しますが、甚平は基本的に男性が着るものです。

カラーや素材もいろいろ

お寺では、修行僧は黒、住職など位の高い方は藍や茶色など黒以外の作務衣を使うそうですが、一般の私たちは気にする必要はありません。さまざまなカラーがありますので、選ぶのも楽しいです。柄の入ったものもありますよ。また、素材は綿や麻を使ったものが一般的ですが、中にはデニム素材を使った作務衣もあります。時代に合わせて、様々な趣向がなされています。きっとお好みの作務衣が見つかると思います。

岩盤浴マット 激安通販